読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
test

 

 

感覚の違い

買い物で街に出ていると、
最近の若い男女が本当にお洒落になってきた

数年前は一切居なかったが、
ここまで変わるんだな〜と関心

ふと立ち寄ったお洒落なお店で
    店員同士の話が聞こえてきた。


(新入社員らしき女の子)
○○さん
今日は問題ないでしょう?
ほら、ジャケット着て来たでしょ


(日本人幹部らしき男)
没問題。。。って

 は〜

ジャケット着ればいいもんじゃないよ。



 黒のテカテカ色のデザインも中国風ジャケット、
  ジーパンに身を包み

  ポケーっと
    え?ジャケット着てきたじゃんという顔して
     たたずむ新入社員らしき女の子を
      置き去りに


  日本人幹部らしき男は、立ち去っていく




 お洒落にあまり接して来なかった中国の方に
  この日本人幹部はどう教育していくのであろう?

   
   ファッション感覚的な部分はどう教育しているのであろう
  
 
  創造から自分なりに考察してみた。
   失敗した点
    ・面接時点での服装チェックが甘かった。
    ・面接時の要求事項の規定が明確でなかった。
    ・店に出る前の教育不十分

   改善
    ・いろんな服装であるといきなり奇抜な服を
      着てくる可能性があるので、
      制服化し2〜3パターンの組み合わせを着させる
       感覚の教育の一貫とする。

    ・休憩室には、ファッション雑誌などを置いて
      意識改革。
    
    ・なにが良くてなにがダメなのか?
     方向性がわかる感覚基準を作り教育



 あなたでしたら
   今後どういう対応しますか?