読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
test

 

 

父の思い出 水で空腹を満たす。。。 

家族 学び

今週のお題「父との思い出」父が昔、怒った時に、言われた事が結構衝撃的だった。

祖父の時代までは、代々、伊勢神宮の宮大工を請け負っており、
何人もの職人を抱える商売人であった。

しかし、騙された?と聞いているが、小さい頃なので、詳しく聞いてないし、
今となってはどうでもいい。


裕福な家庭で育った、父親兄妹


いきなり、貧乏のどん底に!!


小学校の時、弁当の時間には、妹に、弁当を持たせる為、


私の父は、ずっと、水道の所に行き、

    お腹いっぱいになるまで、泣きながら、水を飲み続けた。。


 「そんな息子(私)を育てた覚えはない!」と怒りながら、泣きながら語った時は、


   今でも忘れない。。。。


 そして、横浜にマイホームを持ち、

今やもう定年を過ぎているが、
  まだ、ボランティアをしたり、仕事を受けたりしている。


 私が社会人になって、自分のお金を稼ぐ様になって、父の偉大さを初めて知った。


 父の若い時は、単身赴任や、残業ばかりであまり家に居なかった。


  私も、上海で、単身赴任の時期も長く、上海で家族で住んで居ても、残業、接待などで、遅く帰る。

    マネしている訳ではないが、血がそうさせているのであろうか?

     父にも、絶対負けたくはない!