読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
test

 

 

台湾EMS鴻海

経済・政治 上海

台湾人に聞いた話なので、
どこまで、合っているかわからないが
あえて調べて書かず。そのまま書きたいと思う

20年前
3人のオーナーが10万台湾ドルを出し合い

会社を起こしたが

1年ぐらいで潰れた・・・

しかし、1人のオーナーは、
諦めず、他のオーナーより買い取り

工場を続けた。

事務所も工場の中の現場に机をおき汗水流した。

それが、今のホンハイのオーナーである



工場を買収をする様になり、急激に大きくなった。

買収の方法は、買いたいと思う工場にどんどん注文を出し

ほとんど1社の仕事で埋め尽くし、 

いきなりオーダーを切り替える。

潰れそうな時に、買収してしまう。

買収でも、金を出すのではなく
株式を渡し。

具体的な1円も出さず買収出来てしまう。

今や120万人の従業員。

弟も大きな工場を経営しており。

2社合わせれば、世界1かな?


そしてシャープも加わるであろう


20年間でここまで大きくなったのだから、
きっと、止まれないのだろう。


そのうち、国レベルの力を持つようになるのではないか?