読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
test

 

 

LCC 春秋航空に乗った感想。

 

春秋航空って、本当に大丈夫なの?

 

今までの印象は、3流の航空会社であり、

乗りたくないイメージである。

 

先日の深セン出張に初搭乗

 

まず、

印象は、食事、飲み物は一切出さず、シートポケットにあるメニューから注文する

  お水が5元~8元など、高額になっている

 

 LCCというのは、こんな物かと感心していました。

 

 

 ふと、気づくとキャビンアテンダントが、何やら、しゃべっている。

 

 「普通、深セン、上海間のチケットは、1000元ぐらいですが、

  私どもの会員様であれば、400元で乗っている方もおられます。」

 

  「その方達を羨ましく思わなくてもいいのです。」

 

  「なんとその会員が今すぐ簡単に登録できるのです!」

 

  「呼び出しボタンを押してください。申し込み用紙を持って行きます。」

 

     呼び出しボタンの位置を説明した途端。。。

 

    「ピンポーン」「ピンポーン」「ピンポーン」

 

f:id:masa-masa-masa:20130117174639j:plain

 

      どんどん押されていく・・背中がぞくっとした。

 

    片っ端から、ペンと、申し込み用紙を渡し、どんどん申請させる。

 

 

  ここまで簡単に、大量に会員を収める航空会社はあるのであろうか??

 

   中国の方の習慣がそうさせているのであろう。

 

   日本人では、この様に説明しても、後日考えて申し込むなど、

その場で大勢が登録しているから、私も登録、という行動には、出ないであろう。

 

 

  この一件から、私は、春秋航空の事を気に入りました。

 

  そして、もう一つの利点は、

   上海、虹橋空港は、第一ターミナルからで、他の国内線が極端に少なく、

   フライトの遅延が少ないという噂も聞いたので、

   当分は、春秋を使ってみよう