読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
test

 

 

 旧正月の前は、毎年、皆正月モード突入し
 田舎より出稼ぎに来られてる方は、
  人により、1週間も前から休み始める。

  自分も、1度、上海より近い安徽省へ寝台列車8時間程度かけて行った事があるが、
  硬い椅子に、ギュウギュウとなって席取り合戦をして動けない状況の上、
   ひまわりの種の皮などが、床に散らばり、、
   何時間も過している光景を見た事時も、なんて我慢強い人達なんだろうと思った。

   旧正月の休みの際は、きっと想像を絶する光景になっているのであろう。
   
   何日間も、硬い椅子に座り続け帰省する事を考えると
   早く休みたいという気持ちは本当に良くわかる。

 しかし、
  毎年、この時期は、日本が休みでないので、何かしら、急ぎ対応品が発生するので、
  作業員と管理者で、交渉して調整を行う。

  中には、会社を辞めてまで、日程を変えない人もいる。

   作業員の方は、大抵、長くて2年、 

   80年代90年代の子は、我慢ができなくすぐ辞めてしまう。
       
    以前に行ったローカル企業は、
     昆山地元のおばちゃんを中心に、雇っており
      現場の管理は、やはりローカル、
      1個いくら計算をしているので、作業はメッチャ早い。
  
       おばちゃんも、こんなに早く動けるのか??とビックリした事がある。

   それなりに、勤勉な地域であれば、
    おばちゃんの方が、かえって効率がよく、品質も安定するかもしれない。
     新しい事には弱い、24hはできない、日本でもそうであったが、うるさいので管理しずらい?

   あと、5〜10年後には、
  内陸での仕事も増えてきて、内陸から出てくる人も以前より少なくなり
  台湾や日本みたいに、おばちゃん作業員の時代もやってくるのではないかと思う。

  変則的な時間帯を使いながら
  先取りで検討してみる価値はあるかもしれない。