読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
test

 

 

 松下幸之助 「道をひらく」

 昭和43年の発行以来 累計で400万部を超えている超ロングセラーです。

 長年ビジネスマンの心を支えるメンター本と受け継がれていたのではないか?と推測されます。
 
 私も、こちらの本を読もうと思ったのは、Podcastを聞いている際に、
 とあるコンサルの方のメンター本は「道をひらく」と仰っており、たまに見直すという

 そんなに薦めるなら読んでみるか?と買って数ヶ月・・・

  恥ずかしながら、積読しておりました。m(__)m
   この本のビジュアル的に、かなり古そうで、手に取れなかったのですが、
 
 最近は、
  働くとは?
  人生とは?
  お金とは? こんな事を考えたりしていたので、

  吸い込まれる様に、読み始めました。

 読んで見ると、自分のおじいちゃんに、語られる様な感じで
   人生を悟りを教えて頂いている様に感じ、出勤のバスの中じっくり味わいながら読みました。

  多分若い時は、すんなり読めない本でありますが、
   今の自分には、心に響く本でした。

 言葉に重みがあり、座右の目など、幸之助さんが、歩み、
  人生の成功者として、裏付ける様な事が書いてあります。

 この本は、1度読む時の感想と、何度も読んだ時の感想は変わっていく
   自分の成長毎に感じ方が変わり、その度に教えを解いてくれる様な本です。

  何かあった時に、是非読んで欲しい本です。

  是非、すべてのモノに、すべての人に感謝が出来る。
          大きな心の器の人間になりたいものです。